注目の新聞記事

2016年03月12日

【新聞記事】昔の葬儀にはもう戻らない?

毎日新聞の連載コラムです。続きを読む

p-4195264 at 17:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月18日

【新聞記事】「もしも」に備え、書面で残すべきことは?

読売新聞です。
続きを読む

p-4195264 at 04:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月01日

【アンケート】20代の3割 「死後もSNSやブログを残してほしい」

「IT終活」や「ネット終活」と呼ばれるものが、これからの生前準備の必須項目となっていきそうです。
続きを読む

p-4195264 at 15:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月06日

【新聞記事】奈良新聞コラム「国原譜」

終活について、非常に重要な指摘をしておられます。

「必読」ですし、各自思うところを述べたり議論したりすれば、得るものがたくさんありそうです。短い文章ですので、今すぐ下記リンクをクリックしてください!
今年1月の相続税改正で注目された終活。自分がいなくなった後、家族に迷惑や紛争の種を残したくない。そんな思いが終活には込められている。

ただ、自分の葬儀や墓の段取りをつけたり、判断力を失う前に自らの意思をエンディングノートにまとめたり、そんな準備を整え終えたら、人生の続きを有意義に過ごす努力に立ち返りたい。

就活や婚活は未来を切り開く取り組み。終活も後顧の憂いを断つだけではつまらない。高齢になっても、高齢だからこそ欠かせない生きるための活動、生活を楽しみたい。
「生活」と「終活」を対比して、後者の意義を認めつつも前者を称揚する。コラムだからレトリックというか言葉あそびみたいな面がないとは言えませんが、この文に共感するシニアは多いのではないでしょうか。

問題は、その「生活」の中身は何か、ということ。コラムでは暗に、終活に割くエネルギーや時間が生活と「ゼロサム」で、あちら立てればこちらが立たぬというのを想定しているように見受けられます。

実際には、充実した人生を送っている人ほど豊かで奥深い「死の準備」をする傾向があると思われます。もちろんこの場合でも、充実した人生あってこその充実した死の準備というのは当然の話ですが(例外はありますよ、きっと)。

老婆心ながら、地方紙のコラムを書いておられるような方にとっての「終活」とは、葬式や墓のことなどではなく、仕事を通じて見聞きしたコトや人について書きとめておくとか、自分の渾身の過去記事をまとめてそれにコメントを付記しておくとか、そういったことじゃないてじょうか。


p-4195264 at 00:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月13日

【新聞記事】先日、墓の中に入った

父親の遺骨を埋葬した時のことです。西日本新聞のコラム「デスク日記」より。
続きを読む

p-4195264 at 19:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

【新聞記事】仙台で「終活カフェ」が営業中

カフェそのものは昨年12月にオープンしたそうです。
続きを読む

p-4195264 at 18:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月23日

【新聞記事】遺言公正証書の作成が年間10万件

毎日新聞です。
続きを読む

p-4195264 at 03:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月04日

【新聞記事】「墓じまい」自分の代で

GWにあまりふさわしくない、深刻な話題です。
続きを読む

p-4195264 at 03:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月02日

【新聞記事】「献体」希望が高齢化で増加

注目すべき現象でしょうね。
続きを読む

p-4195264 at 01:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月24日

【新聞記事】滋賀県野洲市が生活困窮高齢者の支援を開始

記事のタイトルは「<どう進める困窮者支援> 母子家庭などへの学習支援」。
続きを読む

p-4195264 at 22:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)