2015年04月16日

【プレスリリース】鎌倉新書が終活相談の「セラヴィ相談カウンター」を東京・日本橋に開設


4月1日オープンとのことですので、やや旧聞に属する話になってしまいますが。



終活全般をお手伝いする『セラヴィ相談カウンター』初オープン(株)鎌倉新書(東京都中央区、代表取締役社長:清水祐孝)は、相続から葬儀・お墓・仏壇、アフターサポートに至るまで、ライフエンディング(終活)の『セラヴィ相談カウンター』を、東京 日本橋にて、2015年4月1日よりオープンいたしました。

サイトを見ると、葬儀・お墓・仏壇といった供養がらみの事柄以外に、エンディングノート、成年後見、遺言・相続といったものがリストアップされています。

「介護施設紹介」なるものも入っていますが、「死ぬまでの時間をどう生きるか」という部分については弱いよなぁ、という気がします。これは本件に限らず、葬儀社や司法書士・行政書士などが中心になって受け付ける「終活相談」全般に言えることですが。その辺のお悩みごとは、各自治体の地域包括支援センターへ行ってみるのが一番ですかね、今のところ。

ともあれ今後は、全国どこへいてもこういう相談窓口が身近にある、という状態になって行くのではないでしょうか。こちらの相談窓口は、年中無休・完全無料だそうです。



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字