2014年11月27日

【ネット記事】自分が死んだらSNSのページはすべて消えて欲しい人は44.3%!


興味深いアンケートです。


自分が死んだらSNSのページはすべて消えて欲しい人は44.3%!その理由は? | しらべぇ

しらべぇ編集部では20代?60代男女1500名に「自分の死後はSNSのページなどはすべて消して欲しい?」というアンケートをとってみました。気になる結果はコチラです。

【自分の死後はSNSのページなどはすべて消して欲しい割合】

はい・・・44.3%
いいえ・・・55.7%

40%を超える方が「自分のSNSなどを消して欲しい」という結果となりました。

日本人特有の奥ゆかしさ、ということかもしれません。加えて、匿名アカウントなどを駆使して本音で、ときには偽悪的な書き込みをしているような人にとっては、死後も自分の書き込みが残るというのは決してうれしいことではないのでしょう。

なお、アンケートの対象となったのは20~60代の男女。子や孫の有無によっても回答の傾向はかなり違っているのではないでしょうか。そして、その回答の意味合いも。

「ゼロ葬」なんていうのが提唱されています。死後は自分の生きた痕跡をすべて消し去ってもらいたい、という望みを持つ人は今でも一定程度いることと思われます。今後はそういう人が増えていくのかもしれません。日本人の中の多数派になることだって、考えられますよ。

ただ、現時点では過半数の人が「いいえ」と答えているのも事実。この人たちがすべて「書き込みは全部残してほしい」というわけではないであろうことは確かですが、残すためのサービスやお手伝いにはそれなりの需要がありそうです(ビジネスとしてやっていけるかどうかは、別問題ですが)。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字