2015年08月10日

【プレスリリース】クラブツーリズム、「終活フェスタ2015 in 東京」と海洋散骨を体験する日帰りバスツアーを発売

クラブツーリズムと終活フェスタ、2つの「ネタ」が盛り込まれた話題となっています。
続きを読む

2015年08月08日

【ニュース】相続診断士の合格者が2万人を突破

2011年12月スタートですので、3年半ほどでの達成ということになります。
続きを読む

2015年08月06日

【新聞記事】奈良新聞コラム「国原譜」

終活について、非常に重要な指摘をしておられます。

「必読」ですし、各自思うところを述べたり議論したりすれば、得るものがたくさんありそうです。短い文章ですので、今すぐ下記リンクをクリックしてください!
今年1月の相続税改正で注目された終活。自分がいなくなった後、家族に迷惑や紛争の種を残したくない。そんな思いが終活には込められている。

ただ、自分の葬儀や墓の段取りをつけたり、判断力を失う前に自らの意思をエンディングノートにまとめたり、そんな準備を整え終えたら、人生の続きを有意義に過ごす努力に立ち返りたい。

就活や婚活は未来を切り開く取り組み。終活も後顧の憂いを断つだけではつまらない。高齢になっても、高齢だからこそ欠かせない生きるための活動、生活を楽しみたい。
「生活」と「終活」を対比して、後者の意義を認めつつも前者を称揚する。コラムだからレトリックというか言葉あそびみたいな面がないとは言えませんが、この文に共感するシニアは多いのではないでしょうか。

問題は、その「生活」の中身は何か、ということ。コラムでは暗に、終活に割くエネルギーや時間が生活と「ゼロサム」で、あちら立てればこちらが立たぬというのを想定しているように見受けられます。

実際には、充実した人生を送っている人ほど豊かで奥深い「死の準備」をする傾向があると思われます。もちろんこの場合でも、充実した人生あってこその充実した死の準備というのは当然の話ですが(例外はありますよ、きっと)。

老婆心ながら、地方紙のコラムを書いておられるような方にとっての「終活」とは、葬式や墓のことなどではなく、仕事を通じて見聞きしたコトや人について書きとめておくとか、自分の渾身の過去記事をまとめてそれにコメントを付記しておくとか、そういったことじゃないてじょうか。


2015年08月05日

【アンケート】国境なき医師団が遺贈についての意識を調査

国境なき医師団が行ったアンケートであること、遺贈にテーマを絞ったアンケートは珍しいことからして、画期的なアンケートと言って良いと思います。続きを読む

2015年07月30日

【書籍】「お迎え」されて人は逝く: 終末期医療と看取りのいま

8月3日発売予定です。
続きを読む

2015年07月25日

【ニュース】自民・公明両党が、成年後見制度促進に向けた法案を今国会に提出へ

大変重要なニュースです。
続きを読む

p-4195264 at 20:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月22日

【ユニークな商品】星の王子さま エンディングノート

エンディングノートそのものはそれこそ掃いて捨てるほど発行されていますが、「星の王子さま」を持ってきたところが、新しい。

続きを読む

【ニュース】清月記と金融機関 「終活」で連携

仙台の葬儀社が金融機関と次々に共催セミナーを開いている、という話題です。
続きを読む

2015年07月16日

【ネット記事】医師による安楽死を認める法案、下院提出を断念(米・カリフォルニア州)

一週間ほど前にはハフィントン・ポストで記事になっていた件です。
続きを読む

2015年07月13日

【新聞記事】先日、墓の中に入った

父親の遺骨を埋葬した時のことです。西日本新聞のコラム「デスク日記」より。
続きを読む